葬儀参列時に戸惑う焼香等の作法

葬儀に参列する機会は、仏式が最も多いでしょうが、時には神式やキリスト教の葬儀に参列する事もあるでしょう。事前にこうした場合には、連絡があると助かるものです。

葬儀に参列して、仏式なら焼香を行うタイミングで、神式なら榊、キリスト教なら切り花などを手向ける儀式があり、榊の回し方など戸惑ったりするため、事前に分かって居れば作法をネット等で確認した上で参列できるからです。

また一般の仏式の葬儀においても、焼香の作法に戸惑う事があります。
抹香をつまんで目の高さまで押し上げ、その後にくべる動作を3回繰り返す人が多いようですが、他の参列者を見ていると、1回の人も居られます。

さらに、抹香をつまんで目の高さまで押し頂かず、そのままくべておられる人も見る事があるでしょう。
これは、焼香の作法が宗派によって異なるためです。浄土真宗などでは投げ入れ焼香と称して、目の高さに押し頂かず、つまんだ抹香をそのまま焼香台にくべるのが正式な作法です。

その他の宗派では、つまんだ抹香は目の高さまで押し頂きますが、回数は3回の宗派は少なく、ほとんどが1回か2回が正式な作法です。

この事を考えると回数を気にするよりも、回数は1回とし、浄土真宗なら投げ入れ焼香を、他の宗派なら一般の焼香の所作を行う事に注意を払った方が良いでしょう。

仏式の宗派はその信者でなければ、お経を聞いても分からぬため、葬儀の司会者が、開式に当たり宗派を紹介するのが親切と言えるでしょう。

私の家の宗派は浄土真宗大谷派で、父の葬儀の通夜の時には、参列者に投げ入れ焼香の作法を説明されていましたが、こうした案内があれば、参列者も迷う事無く、非常に良い事だと感じました。

もちろん、その宗派の正しい作法で焼香する方が良いでしょうが、仮に良く分からなくても、自分の家の宗派の作法に則って行っても問題はありません。それは、作法に拘る以上に、真心を込めて故人を弔う事がより重要だからです。